相互評価

ペンネーム作品本文相互評価コメント
ポン太陽が遅寝早起き夏が来る
真夜中に無給労働扇風機
あの人も短くなったな服の袖
見える・聞こえる=66
あるある=68
感動した=49
得点合計=183
::一句目で、太陽を人に喩えることで、夏の様子を表現する部分に引き込まれました。
::上二つがとても気に入りました!
::扇風機が夜中に寂しく無給労働してる様子が頭に浮かびました。
::「遅寝早起き」「無給労働」という表現が面白いと思いました。
03故郷で 苗植う祖母の 細い腕

自転車で 夏の風受け 走り出す

青空に 五匹寄り添う こいのぼり
見える・聞こえる=67
あるある=58
感動した=54
得点合計=179
::どの作品にも共感できました。私の場合、祖母ではなく祖父の細い腕が印象に残っています。
::最初の句が良かったです。 ものすごく共感しました! ほかの句も初夏の爽やかな感じがして好きです。
::情景が浮かんできます。
::"故郷で 苗植う祖母の 細い腕"の句に、亡くなった田舎のおばあちゃんを思い出しました。
ぴよこ藤の花 垂らして山の 髪飾り

五の月の 風の匂いが 君に似て

思い出に 袖を通して 衣替え
見える・聞こえる=65
あるある=59
感動した=52
得点合計=176
ブラック初浴衣見つけて感じた母の愛
夏の夜ゆかたの袖に隠す想い
好きだよのコトバが花火にかき消され
見える・聞こえる=65
あるある=57
感動した=54
得点合計=176
::いろいろな愛が伝わってきて、とてもよかったと思います。
::3つともすごく好きです! キュンとしました(笑)
::女の子らしい俳句で、きゅんとしました。
青二才
無意識に 涼しさ求め 探す陰



高々と 上りし雲と 青き空



電車内 ふと現れた 弱冷車
見える・聞こえる=64
あるある=67
感動した=45
得点合計=176
わんわんお潮干狩り 砂にまみれた 小さな手

キッチンに 立つ貴女の背に ”ありがとう”

心地よい 若葉の香り 初夏の風
見える・聞こえる=65
あるある=58
感動した=52
得点合計=175
::一句目が、情景が一瞬で浮かんだのと、 ニ句目が直接的に母の日の様子を表現するのではなく、遠まわしに、しかも背に向かって「ありがとう」と言うところが凄くいいなと思ったので、イチオシにさせていただきました。
芳しい薫風漂う田舎道

母の日にいつもはいえないありがとう

木の下で二人の恋の若葉萌ゆ
見える・聞こえる=61
あるある=61
感動した=52
得点合計=174
::3つとも、風景が自然と目に浮かんできました。特に1つ目が好きです。
田舎者・新緑の山に負けじと田も染まる

・雨上がり香り吸い込むもう夏だ

・夏空に映えて眩しきユニフォーム
見える・聞こえる=64
あるある=60
感動した=49
得点合計=173
::初夏の壮大な感じがとても伝わる。
お餅故郷はそろそろ田植えの季節かな

初夏の風私の頬をなでてゆく

ごめんなさい今年は届かぬカーネーション
見える・聞こえる=68
あるある=53
感動した=51
得点合計=172
::「ごめんなさい今年は届かぬカーネーション」が すごく切ない気持ちになって感動しました。
島人炎天に負けぬ直球風焼くる
五月雨君と一緒の傘二つ
晴天に郷里を想う沖縄忌
見える・聞こえる=66
あるある=50
感動した=54
得点合計=170
::一句目の状況がすごく伝わってきて、夏の高校野球が待ち遠しくなった。炎天下の中、負けじと戦う球児の姿が浮かんだ。三句目は込める想いと情景が思い浮かんできて、感動した。
くるみさよならと五月雨にまぎれ涙流す
葉桜が見送ってくれる帰り道
虹を見てはしゃぐ子どもと大学生
見える・聞こえる=63
あるある=56
感動した=50
得点合計=169
::三つの句がきれいに繋がっているところが凄いと思った
::気取った感じがなくて素直で素敵だと思いました!
ピーターパン晴天にわたしの心も五月晴れ
汗ばんだ背中に感じる初夏の風
若葉のよう僕に芽生えた恋心
見える・聞こえる=62
あるある=58
感動した=49
得点合計=169
大三元小ツバメの
口あけて待つ
深びさし

はつなつの
ブランコ大きく
天をつく

青鷺や
ぬかるみ残る
休み田に
見える・聞こえる=66
あるある=53
感動した=50
得点合計=169
::夏らしいさわやかな印象があって、一番心に残りました。
:: 1つ目と3つ目の句が、初夏の情景の1コマを上手く表しているなと思いました。 2つ目の「大きく 天をつく」の躍動感がいいなと思いました。
naa窓開けて
初夏の風を
部屋中へ

葉桜の
緑かがやく
空の下

にわか雨
雨のにおいに
初夏の気配
見える・聞こえる=66
あるある=59
感動した=43
得点合計=168
あみの酸花散れど 光る緑に 目も染みる
自転車で 夏の初めの 匂いかぐ
濃くなった 二人並んで 歩く影
見える・聞こえる=65
あるある=51
感動した=52
得点合計=168
しん晴れた日の 女子の天敵 紫外線
家までは 降ってくれるな さつきあめ
半そでに のぞく眩しい 白い腕
見える・聞こえる=62
あるある=64
感動した=42
得点合計=168
::情景がはっきりと目に浮かびました。同感できるところが良いと思います。
:: 紫外線の俳句には かなり共感しました。 夏がくると 日焼け止め塗らな〜 って憂鬱になります。
airport
桜色 ふと気が付けば 緑色

風が吹き 黒髪揺れれば 夏模様

初夏の雲 見上げて思う 君の顔
見える・聞こえる=65
あるある=55
感動した=47
得点合計=167
::桜の木の描写が好きです。
おはよウナギあつさ増す 夏の試練の お試し期間

だれ誘う 自分の勇気を 肝試し

「あっつ〜」が 初夏から広まる 流行語
見える・聞こえる=60
あるある=65
感動した=42
得点合計=167
::上手いこと言っているなと思った
::共感できました
あんみつたけのこよ 向かう先は 何処へか

光浴び 個々に輝く 青葉かな

紫陽花に しとしと募る 五月雨よ

見える・聞こえる=68
あるある=50
感動した=48
得点合計=166
げしげし涼しげに きみがほおばる 水羊羹

釣りにゆく 狙いは一つ 初鰹

爽やかな 風にたなびく こいのぼり
見える・聞こえる=67
あるある=53
感動した=46
得点合計=166
::ほんわかとした雰囲気が良かった。
::ストレートな表現が良くて素直な気持ちが伝わってくる
ところてん新緑の木陰で今日も一休み 
黒髪をふわり靡かす初夏の風
熱帯びた手と手繋いだ夏祭り
見える・聞こえる=65
あるある=54
感動した=46
得点合計=165
ひょっとこうちわ越し はにかむ君に 一目惚れ

雷鳴が 二人を結ぶ 梅雨の午後

浴衣着て 今年は君と 夏祭り
見える・聞こえる=64
あるある=51
感動した=50
得点合計=165
::恋人との情景が非常によく表わされています。ダントツでよかったです。
ゆみあいた窓 ふわり舞い込む 初夏の風
イチゴ摘み 君が好きだと 言ってたね
今年もか 蚊の活動が 始まった
見える・聞こえる=59
あるある=59
感動した=47
得点合計=165
::ふんわりした雰囲気が好きです。
一番センター
父の日に
締め方おぼえた
ネクタイを

夕涼み
ビールにいつか
慣れるかな

汗ぬぐい
カーブに頷く
熱闘戦
見える・聞こえる=61
あるある=54
感動した=50
得点合計=165
::初夏をかんじた
カプチーノ衣替え 肌で感じる 夏の風      草笛を 作り奏でる 夏の音      アジサイと 雨で彩る 梅雨景色見える・聞こえる=64
あるある=56
感動した=44
得点合計=164
SHIN梅雨になり 朝から雨降り 気が沈む

今年もまた 蛍が見れて ほっとする

母に花 感謝の気持ち 込め贈る
見える・聞こえる=55
あるある=58
感動した=50
得点合計=163
かっぱ
五月雨も
あなたといれば
五月晴れ


新緑に
浮かび上がるは
卯の花か


春の雨
やんで桜も
衣替え



見える・聞こえる=58
あるある=56
感動した=49
得点合計=163
::詠むと、俳句の中の様子や情景が頭に浮かんできました。とても表現力が豊かだと思いました。
パンナコッタ砂浜を 歩く二人に 愛の跡

夢乗せて 白球飛び出す 夏の空

花火より 光る瞳に 惚れる僕
見える・聞こえる=59
あるある=53
感動した=50
得点合計=162
::きゅんとした!!
しろひげ梅雨の日に
かたつむり見て
なごんだよ

初夏の日に
黒くなりだす
僕の肌

かたつむり
紫陽花の葉で
雨宿り

見える・聞こえる=62
あるある=57
感動した=42
得点合計=161
紫のバラ

耳元の
音の絶えぬ夜
顔たたく


夕立の
音の間に見た
「さようなら」


早起きが
出来なくなった
5月6日


見える・聞こえる=57
あるある=59
感動した=44
得点合計=160
肉男風薫る 君想う頃 胸はずむ       人見知り そんな私に 余花が咲く     心地よい 気持ちにさせる 南風見える・聞こえる=61
あるある=54
感動した=44
得点合計=159
CK Eternity緑葉の
香る風には
睡眠薬   字あまり

五月雨と
動けぬ自宅(うち)の
洗濯機

ゆく春や
初々しさも
消えゆきて
見える・聞こえる=59
あるある=56
感動した=43
得点合計=158
しろはた花が散り
若葉芽吹く
桜かな

こいのぼり
最近めっきり
見ないよね

半そでの
服にそろそろ
衣替え
見える・聞こえる=57
あるある=59
感動した=42
得点合計=158
たこすけ半袖は少し早いな七分袖
すっかりと緑に染まる通学路
童心にかえって食べる柏餅
見える・聞こえる=58
あるある=58
感動した=42
得点合計=158
::七分袖がすごく気に入りました。日中は暑いのですが、日が落ちると肌寒く感じるので七分袖は欠かせません。
イエロー夏の蝶白く光りて放浪す
さわやかなグリーンキウイ夏の恋
あらためて母に渡せる赤い花
見える・聞こえる=60
あるある=49
感動した=48
得点合計=157
::グリーンキウイの俳句は、ストレートな表現なのに、すごく余韻が残る俳句で、とても深いなぁと思いました。
::三句とも色が入っていてイメージしやすかったです。
のごろー馴れ初めの 初々しさは 葉桜似

青空に 駆け登り咲く 百日紅

感謝籠め 津波に添える カーネーション
見える・聞こえる=59
あるある=46
感動した=50
得点合計=155
ぴぴ遠くから こころに託す カーネーション見える・聞こえる=56
あるある=46
感動した=53
得点合計=155
::離れて暮らす母への思いがまっすぐに伝わってきました。
::遠く離れたところに住む母親に対する思いを表現しているのだが,母という文字を使わずに,その気持ちを表現することで,作者の気持ちの深さを強く感じる。
ぱぷりか気にならんあんたといたら梅雨なんか
五月晴れずっと続くといいのにな
こいのぼり見つめる首が痛いけど
見える・聞こえる=51
あるある=54
感動した=47
得点合計=152
しろくま
夢のせた 飛行機雲は 大教へ

キミと見た 思い出は今 花火となる

五月晴れ 遥かかなたの 母想う
見える・聞こえる=55
あるある=47
感動した=48
得点合計=150
::めちゃくちゃ感動した!!!
コバヤシ夏の庭
見る目も潤う
万緑か
見える・聞こえる=56
あるある=48
感動した=44
得点合計=148
肉男風薫る 君想う頃 胸はずむ見える・聞こえる=55
あるある=52
感動した=41
得点合計=148
のこのこ五月来て 慣れはじめた 新生活見える・聞こえる=52
あるある=53
感動した=42
得点合計=147
全員日焼けした 僕ときみとで さくらんぼ
衣替え 高校時代が 恋しいなあ
夏と共に 始まる僕ら さくらんぼ
見える・聞こえる=52
あるある=53
感動した=42
得点合計=147
kahun@08夏来ても
浮かれるあいつは
春模様
見える・聞こえる=51
あるある=53
感動した=41
得点合計=145
::半端なくあるあるです!
カプチーノ衣替え                肌で感じる              夏の声見える・聞こえる=50
あるある=51
感動した=43
得点合計=144
れたす
ニチニチソウ ふと気付いたら 陽光が

花ひらけ そうささやいて 白、桃、紫

カラフルな 日々よ咲き誇れ MY SUMMER!!
見える・聞こえる=52
あるある=47
感動した=44
得点合計=143
クラウン
繋いだ手

見上げた空に

梅雨の星
見える・聞こえる=55
あるある=42
感動した=44
得点合計=141
グローリーあをむ葉に
青嵐吹きて
蝉を待つ
見える・聞こえる=53
あるある=45
感動した=42
得点合計=140
あみの酸花散れど 光る緑に 目も染みる見える・聞こえる=46
あるある=43
感動した=43
得点合計=132